2009年11月01日

「THIS IS IT」

091101_001.jpg

マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を観てきました。

最初から最後まで、まばたきをするのが惜しい場面の連続でした。
あんなに細部までにこだわって真剣にくみ上げていったステージが本番をむかえられなかったことは、かかわった全員が無念だったことでしょう。

私はマイケルの曲をちゃんと聴いたことがありません。でも、映画の中でかかる曲どれも聴いたことがあってメロディを覚えていました。マイケルの曲はそれだけ世の中に浸透していたんだなぁ、と改めて思いました。

どの曲もメロディが印象的で切なくて、ドラマティック。そしてリズムがカッコイイ!
観ている人たちはみなさんおとなしくて…なんだかもったいない気がしました。


リハーサル中、マイケルはダンスチームふりつけをしたり、コーラスに音を指示したり、楽器隊にもリズムやフレーズの注文をこまかくつけていきます。思いついたアイデアを次々に。

全身全霊。という言葉がピッタリでした。
あんなに真剣に取り組んでしまったら…生きること自体が手薄になりそうです。



ただ生きてるだけでは足りないから表現するんだ、と言った人がいます。
言い尽くせない思いを音楽や絵にするんだと。

マイケルの発したメッセージは、きっと、聴いた人の心に何か小さな種を蒔くことになっているんだと思います。


いろんな解釈があるでしょうが、マイケルは「愛」の人だと感じました。

人を信じたり、愛したりすることはこわかったりもします。
でも、本気でできたら、これほど強いものもない、と思います。


映画のタイトルの「THIS IS IT」は、ラブ・バラードのタイトルでした。

This is it
Here I stand
I'm the light of the world
Love is grand and this love
I can feel and I know
Yes, for sure It is real



マイケルファンでなくても、マイケルの曲で一曲でも好きな曲があったら、十分楽しめます。もし、機会があったら映画館で観て欲しい映画です。

THIS IS IT(公式サイト)
http://www.sonypictures.jp/movies/michaeljacksonthisisit/
posted by sho at 22:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。