2012年03月09日

「加瀬竜哉さん」

120308_002.jpg

ギタリストの加瀬竜哉さんが、亡くなってました。

私は、一昨日知りました。

私がオリジナルバンド活動からは離れて久しく、その界隈の方々と疎遠になっているせいで、私に訃報の知らせが来ることはなく、一昨日、ネットで知りました。

最初は、たちの悪い冗談だと思いました。
加瀬さんは、相変わらずオモシロいんだから、って。

でも、本当でした。

関係者のブログや、加瀬さんのホームページや、Wiki。
あちこち見て歩いて、本当に死んでしまったんだ、とわかりました。

こうして書いていても、まだ信じられません。
ちゃんと、顔を見て、お別れがしたかった。


加瀬さんを初めてみたのは、たしか1993年の夏の鹿鳴館。「マンドレ祭り」ってイベントででした。
ちょっとしたコスプレで演奏してて、ギター上手いのにオモシロそうな人、って印象でした。
その印象通り、明るくて、楽しくて、素敵な人でした。

その年の秋あたりにバズーカスタジオでレコーディングをして、そのときにちゃんと初めてお話をしたと記憶しています。緊張しました。加瀬さんは、的確で言い過ぎないアドバイスで、よいところを引き出すのが上手でした。

加瀬さんがやってた「RAD RATS」ってバンドが大好きでした!

加瀬さんのキャリアを語るときには、ノーチラスとかダンテとか虹伝説が出てくるけど、私はもう断然RAD RATS!

うちには、手作り感満載のVHSのビデオ(サードステージで買ったんだろうなぁ)が、今でもあります。

何度かRAD RATSとは対バンさせていただいて、本当にうれしかった!池袋アダムとか鹿鳴館とかだったかな。お客としても、足げく通いました。何回見ても楽しかった。

加瀬さんがRAD RATSを脱退するときは、どうしてやめるの??と詰め寄った記憶があります。辞めて欲しくなかった。もっと観たかった。

本当、最高のエンターテイメントバンドでしたよ!捨て曲なし、メンバー最高!すべてが、楽しさに溢れてた!
今でも、ヘッドセットマイクを見ると、私はRAD RATSを思い出してます。
RAD RATSを見て、音楽の可能性を感じました。

バンドで行き詰まって悩んだとき、加瀬さんは、親身に話を聞いてくれました。そのときにもらったアドバイスは、その後のバンド人生で、何度も思い出して、私を支えてくれました。

最近は、お会いすることはなかったけど、ずっと感謝してました。


最後にお会いしたのは、2008年の夏だったと思います。
夜、新宿御苑の路上でした。
横断歩道で信号待ちしてたら、加瀬さんが気付いてくれて、声をかけてくれました。
「shoちゃんだよね?元気?」
私が知らない金髪&短髪の加瀬さんは、ちょっとかっこ良くなっちゃって、別人みたいだった。短い言葉をいくつか交わして、別れました。

しばらく会ってないバツの悪さと気恥ずかしさ、ちゃんとバンドをやりきれなかった後悔とそんな自分じゃ会わせる顔がないような…いろんな気持ちがぐるぐるして、そっけなくしてしまった気がします。そんな風にしかできなかった、幼くてバカヤローな自分に腹がたちます。

あれが最後になるなら、もっと、ちゃんと話しておけばよかった。

バズーカの近所を通っても、バッタリ会えることは、もう絶対にないんだ。


肉親以外に死なれるのは初めてで、まだうまく整理がつかないけど、加瀬さんのことは、絶対に忘れない。


あまり最近ブログを書いてないし、こういう内容ってしめっぽいし書くかどうか迷ったけど、やっぱり記しておきたいから書きました。軽く書くつもりが、やっぱり軽くは書けなかった。最後だから、いいよね!


当時、交流のあった方が「加瀬竜哉」で検索してここにたどり着いて、読んでくださったら嬉しいです。

私が、加瀬さんの死を信じられなくて、検索して、みなさんのブログを見て、加瀬さんを思う気持ちを読んで救われたみたいに、誰かを救えたら嬉しいです。


ご無沙汰してるみなさま、私が当時在籍していた「Majesty」や「DRAPE SHAPE」を知ってるみなさま!
ベースを弾いてた、shoちゃんは元気ですよー!
読んだら、ぜひ連絡くださいね!
TwitterのDMや、Facebookのメッセージとか使えますから!

加瀬さんに死なれて…

会いたい人には、気後れしないで会わなきゃダメだ!と思いました!本当に!

あと、生きていられることの素晴らしさも痛感しています。生きてさえいれば、何でも出来るじゃないか!という気持ちになっています。

たくさんの方との出会いで、今の私がいますが、加瀬さんの存在は、私の音楽人生に大きな影響を及ぼしてました。


あぁ、加瀬さんの名前をこんなに入力したの初めて。
こんな形で、加瀬さんのことをブログに書くなんて、すごく悲しいけど。


でも、「加瀬竜哉」って検索して、たくさんのページがヒットしたら、加瀬さん嬉しいでしょ?


加瀬さん!

あっちでもギター弾いてくださいね!

私は、絶対、加瀬さんより長生きします!

加瀬さんみたいに弾きながら歌って踊れないし(笑)、才能はないかもしれないけど、もうちょっと音楽を続けます!



公式サイトでは、加瀬さんの文章がたくさん読めます。
これも、宝ですね。
  ↓
加瀬竜哉.com
http://www.kasetatsuya.com/


120308_001.jpg

加瀬さんの、ソロアルバム。
今は、ちょっと無理だけど、大事に聴きますね。


BGM:「The beginning」「はじまりのとき」絢香
posted by sho at 01:30| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マジェスティのshoさんですか?
不躾に申し訳ございません。
加瀬クンを急に検索したくなって、辿り着きました。
「RAD RATS」で、いつも最前列を陣取っていたオンナ軍団の1人で、「SISTER LEESA」にもクレジットされている「G.P#1」と申します。
いつのblogかわかりませんが、懐かしく読ませていただきました。私には、あの頃の軍団仲間(当時、サードステージ勤務)の友人らから連絡があり、あまりのショックに寝込みました。
辛かった…
10年以上も会えないままで、会いたいと思うようになって2年程した冬でした。その2日前、今までにない腹痛で夜にのたうち回り、なんだろう…と思っていたところへの連絡でした。

今では、彼を知る方との交流は無く、一人、忘れる事も出来ずにいます。

shoさんを見つけられ、本当に嬉しかったです。

長々、失礼いたしました。


G.P#1こと、あやこ
Posted by あやこ at 2015年07月31日 20:25
>あやこさん

コメントありがとうございます!!!

更新してないブログを久々に見たらコメントがあり、おどろきました。
そうです、Majestyにいたshoです!
見つけてくださってありがとうございます!

私も、加瀬さんがハードロック畑から離れてしまって、本当にご無沙汰してしまっていました。ライブをやってらっしゃるのは知っていたので、見に行けばよかった…とすごく後悔しました。

何年会ってなくても、道で会ったら声をかけてくれる…そんな人でしたよね。
ひょうひょうとした中にやさしさがあって。

もう居ないなんて、いまだに信じられません。

その腹痛は、お知らせだったのかもしれませんね…


RAD RATSは、年1〜2回くらいのゆるいペースですが、メンバー変わらず活動していますよ!Facebookをやってらしたら、メンバーさんも数人登録してらっしゃいます。

バンドのホームページはここです。
http://radrats.blog.shinobi.jp/

元気なお姿をぜひ観にライブに足を運んでみてください!!お一人でいらしても、怖くないですよ!(笑)私がいたら、ぜひ声かけてください!
メンバーのみなさん、変わらずお元気で素敵です!!「Wisper」とか加瀬さん時代の昔の曲も演奏してるので、ぜひぜひ!

加瀬さんのことを忘れられないことは辛くもありますが、ぜひ、忘れないでいてください。私も忘れないでいます。
Posted by sho at 2015年08月03日 16:15
共に人生を歩もうとした者です。以前、お会いしたことありますよね。あの日から4年余りたち、ふとネットで名前を入れて...

たどり着いて胸が熱くなりました。

忘れずにいてくださってありがとうございます。
未だ、受け入れられず、立ち直れずにいますが少し救われました。

どうぞ、これからも思い出してあげてください。
寂しがりやですから・・・

ありがとうございました。
Posted by かせ at 2016年11月14日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/256509139
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。