2012年07月05日

Dragon Ash Live〜REST IN PEACE IKUZONE、行ってきました!

Shibuya-AX、行ってきました。

会場ロビーには、馬場さんのお別れ会のときにも飾ってあった写真と、最後にオーダーしたベースが飾られていました。

120705_001.jpg

またこの写真を見れると思わなかったので、とても嬉しかったです。

会場に入ると、天井からの照明が、赤と青で並んでました。
あぁ、馬場さんの追悼ライブなんだ。

ライブの冒頭は、30分ほどビデオが流されました。
デビューアルバムのレコーディング風景から始まって、今年までの馬場さんの思い出がつまったビデオでした。おちゃめでユーモアがあって、真摯に音楽に取り組む姿勢…。懐かしい場面の数々に胸がつまりました。

ライブ本編は、普段聴けないような、昔の曲も演奏され、馬場さんのベースで始まる「百合の咲く場所で」のときだったかな。

降谷くんが

「悲しみに来たわけじゃないでしょ?」

と言いました。

もう本人が亡くなってるのに、馬場さんの演奏をAXで聴けるなんて。
馬場さんのラストライブなんだ。
メンバーさんがやろうと思ってくれなかったら、実現しなかった、追悼ライブ。泣かずに、一音一音聞き逃してはイケナイんだ、という気持ちになりました。

SakuちゃんのMC。
「こんなライブをするのは初めてのことだし、こんなライブは二度としたくない」
本当に。

Sakuちゃんの靴は、Twitterで見たけど、赤と青のスリッポン。
裏地がチェック柄でした。
写真には「共に」という言葉が添えられていました。

ギターのHIROKIも赤と青のチェックのパンツをはいてました。
降谷くんも、赤と青のツアータオルを握りしめてました。

メンバーそれぞれが、馬場さんと一緒にステージに立ってる!って感じがしました。

Instagramでやりとりのある方は、ツメを赤青に塗って、ライブに望んだようです。
私は、馬場さんのツアーTシャツ(肩に「38」と書いてあるから10年くらい前のものですね)を着て行きました。

みんな、馬場さんに会いに行くような気持ちだったんじゃないか、って思います。

ダンサーのATSUSHIが、長い髪をほどいて赤と青の布を肩にかけてセンターに立ったとき、馬場さんか!?と一瞬目を疑いました。

ライブのラストは「Viva La Revolution」。
この曲にも、たくさんたくさん勇気をもらって、背中を押してもらいました。

Dragon ashの曲には思い出がありすぎて、一曲一曲、噛み締めるように聴きました。


ライブを見終わった今でも、馬場さんがいないことは、信じられません。


最近、人が産まれてくることは当たり前じゃないし、いつかみんな死んでゆくんだ、ということが身にしみています。悲しいけれど、仕方ないのないことです。

大切な人に死なれたとき、もっとこうすればよかった、こんなこともしたかった、と激しく後悔します。
それぐらいの衝撃がないと、人間は本気で反省できない。
自分の人生を省みたり、衿を正すために、人の死があるんじゃないか、なんて思ったりします。

Dragon ashの歌詞に

「終わりある人生でも夜を越そう つかみとれるさ今日こそ」

というのがあります。大好きな歌詞です。
昨日は、この歌詞が本当にしみました。降谷くんの歌いかたにも力がこもっていたように感じました。

会場のロビーにメッセージフラグがありました。

120705_002.jpg

私も書いてきました。
馬場さんへのお礼をかきました。

私がDragon ashを知ったとき、私はバンドをやっていませんでした。
バンドがやりたくて上京してきて、ちょっと活動できるバンドを結成して、いくつかのバンドを渡り歩きながら数年活動した後バンドを辞めて、普通にお勤めしていました。
もうバンドをやっていなかったので、観る側に回って、素直に音楽を楽しみました。自分がやってきたジャンルと違うということもあって、単純に楽しむことができました。


馬場さんが30歳を過ぎてDragon ashにオーディションで加入した、という逸話は、私を励ましました。
チャンスがあったらまたバンドやりたいな、と頭の片隅で考えていた気がします。

私も30歳を過ぎてバンド復帰しました。

その年齢で会社も辞めて、バンド活動に身を投じることができたのは、馬場さんがいたからです。
私にも、きっと出来る!と思えたのです。

馬場さんの存在自体が、私の勇気でした。

馬場さんがいなかったら、今の私はいない。
そう思います。

誰かの存在が、その本人も知らないところで他の誰かを生んでいく。
んですね。

一度、打ち上げに参加出来る機会があって、馬場さんに勇気を振り絞って声をかけて、サインをいただきました。

image-20120706070447.png

ちょこっと会話して…馬場さんは優しかったです。これは、宝物ですね。


昨日、会場で流れた「ROCK BAND」のビデオの馬場さんを観ていて、上半身の使い方やネックの振り方…自分と似てる!と思いました。馬場さんの影響を受けて、私のステージングができてる!と初めて気がついて、すごく嬉しくなりました。

私がライブで黒く爪を塗ってたのは、馬場さんの影響でした。
馬場さんはかっこよかったもん。

馬場さんからもらったものを、大切に、ベースを弾いていきたいです。
それが、馬場さんに出来る、一番の恩返しのように思います。

高くてなかなか買えないIKUTORON、いつか手に入れます。

ありがとうございました。


私が一番良く聴いていたのは「LILY THE VALLEY」の頃ですが、Dragon ashをあまり聴かない人にすすめるなら、この三曲。(ほかにもいい曲ありますけどね!)

「Ivory」Live


「ROCK BAND」PV


「Fantasista」PV



2012年7月4日 Shibuya-AX
Dragon Ash Live〜REST IN PEACE IKUZONE
セットリスト

1.陽はまたのぼりくりかえす
2.The Day dragged on
3.Rainy Day and Day
4.Drugs can’t kill teens
5.Walk with Dreams
6.繋がりSunset
7.Ivory
8.Let yourself go,Let myself go
9.Fire Song
10.Sunset Beach
11.Ambitious
12.Run to Sun
13.Amploud
14.Canvas
15.百合の咲く場所で
16.Fantasista
17.静かな日々の階段を
18.Viva La Revolution


posted by sho at 22:10| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういうコメントって書いたことないのですが、つい書いてしまいました。
僕もLIVE行きました。男の癖に涙が止まらなかったです。
お陰でコンタクトが紛失しました…
DragonAshは本当に最高。
Posted by Y.I at 2012年07月06日 04:09
Y.Iさん

コメント、ありがとうございます!
検索できてくださったんでしょうか?

好きな人に死なれるというのは、本当に辛いですね。私も泣きっぱなしでした。
私の両隣にいた男性の方お二人も、ずっと泣いてましたよ。

それだけ馬場さんとの出会いが素晴らしかったんだ…と感謝したい気持ちで一杯です。

コンタクト紛失は、お気の毒でした…m(_ _)m

本当、Dragon ash、最高ですね!!!
Posted by Sho at 2012年07月06日 06:58
私は20日の大阪ライブに参戦します

セトリが知りたくて検索してたどり着きました。

ただ、見て通りすぎるつもりでしたが、あまりにも共感できる内容でしたのでこうしてメッセ残させていただきました。

私もLILY THE VALLEYの頃が一番好きで当時はファンクラブに入ってライブに何度も参戦してました。
もう10年ぐらい前になるんですね。

それからは家庭環境が変わって(子供がうまれました。私、主婦です)ライブとは遠い世界にいてました

でも、このライブの事をしって、どうしても行かなければ行けないような気持ちになって無理くり行ける環境をととのえて、参戦します。

みなさんいろいろな思いをもって、またこういうふうにDAに戻ってこられる方もいてる本当にすごくすごく素敵なライブになるんだと思うと楽しみでしかたないです

20日は若いころを思い出して、あのころの馬場さんのステージの思い出と共に暴れてきます。

長々と失礼しましたが
Dragon ash、最高ですね
Posted by shou at 2012年07月07日 05:29
私もDAにぞっこんになった35歳の男です。当時は、邦楽なんて・・・と洋楽にぞっこんだったのですが、DAに出会って「こんなにかっこいいやつらが日本にいたなんんて!」と驚いた反面、くやしさでいっぱいでした。(自分もそのころはバンドでプロを目指していたので)それからはライブにも常に参戦していました。そしてある機会に馬場さんと飲める時がありました。2時間くらいだったのですが、本当に優しくなんでも話してくれ、こちらの話も笑顔で聴いてくれました。その半年後またお会いする機会があり、「けんちゃん呼んできてあげるよと」。 何も言わなくても、馬場さんはその方が私たちが喜んでくれるのではと考えてくれたのでしょうか。それからはライブに行っても馬場さんの前で陣取りました。7月20日のライブでは、馬場さんの前で陣取ることも最後になりそうです。でも馬場さんの事はいつまでも心の中に生き続けます。みなさんと同じように。
Posted by masa at 2012年07月12日 00:21
育T。懐かしいですね。
わたしも元気さんの所で購入したのを忘れてました。
このページに辿り着いて、ハッと思い出すことが出来ました。
しかし、残念ながらそのTシャツが見つからず、ネットでも画像を探してるのですが、見つけることができずに、悔しくて、自分の服の管理能力の無さに、失望してます。
もし、可能で有れば、育Tの写真をアップして頂ければ、大変嬉しく思います。
唐突で勝手で恐縮ですが、よろしくお願いします。m(._.)m
Posted by しゅーかが at 2012年07月27日 10:24
コメントが入っていることに気付かず、レスが遅れました!ごめんなさい!

レス、読んでいただけるといいのですが…

通りすぎることもできるのに、コメントを残してくださり、ありがとうございました!

>shouさん
コメントありがとうございます!

そうですね、もう10年前なんですね。
あっと言う間でした。
私もDAとは、離れた生活を送っていました。
HIP HOPから離れていくDAの音楽の変化についていけなくて…でも、最近DAをまた聴き始めたら、ちゃんとロックバンドしてるんですね。すごく嬉しかったです。

お子さんがいると、なかなかライブにはいけませんよね。
大阪のライブ、きっと楽しまれたことと思います。
あのツアーは、絶対観ておくべきものだったと思います。

馬場さんの音を大音量で聴ける最後だし。

はい、Dragon Ash、最高ですね!

>masaさん
馬場さんと飲む機会があったなんて、羨ましい!!
素敵な時間を過ごされましたね。
馬場さんは、優しかったですよね。
人を惹き付けるものもあって…
本当…残念です。

私も、プロを目指していたので、Dragon ashは衝撃でした。
自分より遥かに若い人たちだったし、悔しかったのは、私も同じです!(笑)

BOTSが書いてたように、馬場さんを忘れないでいたいです。
馬場さん、寂しがるから。

>しゅーかがさん
コメント、気がつくの遅くてごめんなさい!
私が持ってる育Tの画像、後ほどアップします!
見ていただけたらいいのですが…
「育T」かなにかで検索してたどり着いてくださいね〜〜〜!

馬場さんが36歳のときのTシャツみたいです☆
Posted by sho at 2012年09月05日 20:59
こんにちは♪はじめまして。
21歳のaiです☆
コメントを書くのは初めてなのですが...masaさんの記事を読んで感動して、思わず書かせて頂きました。
私もDAが大好きです!DAが好きになったのは最近なのですが..グループの皆さんを知れば知るほど大好きになって、それと同時に勇気を沢山もらっています。私はバンドとは無関係で、LIVEなどにも行った事がないのですが...バンドに対する心にある熱い想いや、馬場さんの辛い死をメンバー全員で乗り越えて..「走り続けよう」とする姿に感動しました。
私もそんな生き方をしたいです。
熱い気持ちをもって夢に挑戦し続けたいです。
今度LIVEに行って見たいです。
masaさん..バンド頑張って下さい(*´艸`)
応援しています!
長々と失礼しました(*ノェノ)
Posted by あい at 2013年05月18日 14:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。