2013年08月29日

思い出してもらえること。

先日、バンド時代にお世話になった知人から、こんなものが送られてきました。

どうでしょうバッジ


出張先の札幌でみかけて買ってくださったそうで。

私が「水曜どうでしょう」が好きということを覚えててくださったのかな?
お心遣いに、感激しました。


「去る者日々に疎し」という言葉があるように、人が「過去のものになる」ことは、たやすいことです。
人の気持ちほど移ろいやすいものはないからです。

互いに音楽から少し距離を置いた生活の中で、もう何年も月日がたっているのに、それでも思い出してくださる。

音楽をやっていたからこその出会いで。
音楽をやっていて、本当によかったなぁ、と思いました。
報われる思いでした。

そんなご厚意に恥じない自分でいたいと思います。
また楽しんでいただけるステージを、いつか。
posted by sho at 23:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373400980
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。