2013年12月26日

「SAKUMA DROPS」

佐久間正英さんのドキュメンタリーをみた。
スキルス性胃がんだそうだ。
体調のすぐれない中、ライブやレコーディング活動を続けている。昨日みたドキュメンタリーでは、入院先の病院からレコーディングスタジオに直行していた。
音楽家としての人生をまっとうすることを最優先にしてらっしゃるらしい。

いつ死ぬかはわからない、でも確実にその死は一歩一歩近づいて来る …と思うと、実はそれは誰にでも当てはまる当たり前のことでしかない。自分の余命はそういう意味ではみんなとあまり変わりはない。そんな風にも考えた。(佐久間正英さんのブログより)


残された時間を悔いのないように。
言葉で言うと簡単そうだけど、病気と闘いながら…並大抵のことではないと思う。

自分だったら、どうできるかな…考えてしまった。


「HOWEVER」大好きだったなぁ。

■GLAY / HOWEVER(PV)


■GLAY - However (GLAY EXPO'99 Survival Live in Makuhari)


佐久間正英さんの作品集が来年発売になるらしい。聴きたい。



■Masahide Sakuma(公式ブログ)
http://www.masahidesakuma.net/
posted by sho at 13:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383617836
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。