2013年10月29日

絶賛整理中

今年もあと2ヶ月。
もう、まぁ、結構いい年(笑)なんですが、人生の変わり目かな、と思うので、放置してたもろもろを整理し始めました。

片付けながら…
忘れてることもあって、いろいろ思い出してます。
過去の自分て、他人を観るみたいです。
たしかに自分だけど、ちょっと遠い。

よかったこと、よくなかったこと、失敗。
悔やんでも、もう戻れないしね。
だから、せめて、一生懸命やらんとね。

今までの努力(の過不足)の結果が、今のワタシです。

いろんな出来事や、たくさんの人々に、
ここまで育ててもらったんだと思います。

ありがとうございました。

苦しいこともたくさんあったけど、
幸せな人生だったな、と思ったりしてます。

「自分が納得することが一番大事」って、本当だった。


自分を肯定するわけじゃないですが、その時々、精一杯、自分に正直に生きてきました。
裏表もあまりないので、私が言った言葉、行動は全部、そのまんまです!

分かり合えなくて、会えなくなった人とは、
いつか、また会えるときがきたら、嬉しい、って思います。
生きてるうちは、可能性はゼロじゃないからね。
死んだ人にはもう会えないけどさ。


感謝を込めて、
反省しながら、
決意も新たに

絶賛整理中。

…て、この大量のビデオ(ライブのハコ撮り)はどうしたらいいんだ……
posted by sho at 23:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

思い出してもらえること。

先日、バンド時代にお世話になった知人から、こんなものが送られてきました。

どうでしょうバッジ


出張先の札幌でみかけて買ってくださったそうで。

私が「水曜どうでしょう」が好きということを覚えててくださったのかな?
お心遣いに、感激しました。


「去る者日々に疎し」という言葉があるように、人が「過去のものになる」ことは、たやすいことです。
人の気持ちほど移ろいやすいものはないからです。

互いに音楽から少し距離を置いた生活の中で、もう何年も月日がたっているのに、それでも思い出してくださる。

音楽をやっていたからこその出会いで。
音楽をやっていて、本当によかったなぁ、と思いました。
報われる思いでした。

そんなご厚意に恥じない自分でいたいと思います。
また楽しんでいただけるステージを、いつか。
posted by sho at 23:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

ご無沙汰しております。

130819_001.jpg

ブログにこんな画像が表示されていたので、久々に更新…

やっぱりバンド活動をしてないと、更新も滞ります。
現在バンド活動をしてないので、このプロフ写真にも違和感があったりします。ちょっと。

昔、ある人が言ってました。
「日々の生活で表現しきれないことがあるから、音楽を作るんだ」
と。

若かった私は激しく同意したものでしたが、バンド活動をしてない現在の私は
「日々の生活で表現しきれないことがない」
んでしょうか。

そうでもないんですが。

物事には流れがあるので、今は「その時期」ではないんだなーと漠然と考えております。。。

なんて、超戯言ブログ。
すみません。

とりあえず、わたくし、元気で生きております!!!

Instagram」には、日々なにがしかアップしてますので、そちらもごらんいただけたら幸いです。

sho's Instargam
http://web.stagram.com/n/shorooms/
posted by sho at 14:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

ツライときはツライで。

もう20年くらい会ってない人の近況を、ブログで知った。
別れ方は超最悪だったんだけど、仲のよかった時期もあったので、とても心配になった。

そっかそっか…といくつか読み進めた。

私にもいろんなことがあったみたいに、あなたにもいろいろあったのね…大変そうだ。

ブログにつづられる、あまりにも前向きなトーンに違和感を感じてしまう。
「引き寄せの法則」的なのは、私も信じてるけど、辛いときも明るいトーンでがんばるのって無理がある。ツライときはツライ!でいいんじゃないか…と無理をしなくなった、今の私は思うわけです。

喧嘩別れした相手も、時がたつと割りと許してしまう私は「お前は甘い!!」とよく言われるんだけど、喧嘩って、そのときのお互いの立場だったりバックボーンだったり、勢いあまったり…なんてこともあるからさ。

て、もちろん許せないこともあるけど。

病気も恋愛も、もっとうまくいくといいね。
祈ってます。

posted by sho at 12:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

昨日の江戸川橋。桜はほぼ満開な感じでした(#^.^#)


震災のわりとすぐ後に、友達と椿山荘を散歩しました。
まだ電車の運行が不安定だった頃です。

お茶でもしようか〜、とお店に向かっていたら、一本の電話が。
出先なんだ、と言うと、じゃ、いいや、またかけるねぇ、と言われ、電話を切りました。

あの電話でもっと話せていたら、違う未来があったかも?と思ったりもしますが、それはそれで運命か。


なんてことを、この写真を見て思い出しました。
posted by sho at 12:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

明日は満月

明日は満月です。

知人の占い師さんいわく、
「満月はいろんなものが揺れる」のだそうです。

藤代冥砂さん(@meisafujishiro)
「心乱れると思ったら、満月近し。やはりか。」
とツイートしてたし。

そっか。
だから、なんだかしんどいのか。

友達も眠くて眠くてしょうがない、って言ってるし、今はそういう時期なんだな、と思って、やり過ごすことにしました。嵐はいつか過ぎるから。

あまりにしんどいから某所でちょっと愚痴を書いたら、ちょっと楽になった。愚痴なんかのマイナスなことは書かないようにしてたんだけど、たまにはいいやね。


元気になったら、何か新しいことしたいなぁ。
posted by sho at 12:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

いままでとこれからの音楽。

ポジティブなことを書こうと心がけてるのですが、たまにはよいかなぁ、と今日は、戯れ言ブログです。


高校2年のときにバンドをはじめましたが、
私は、何度か音楽を辞めています。

最初は26歳のとき。
社会人のキャリアがまったくなく、バンド優先のバイト生活が怖くなったからでした。
ベースをしまい、ハードロックも聴かず、数年間、普通にお勤めをしてました。
このまま弾くことは一生ないんだろうな、って思ってました。

復帰のきっかけは、もう会うこともなくなっていた友人を介しての、バンド加入でした。
そのバンドで3年活動した後、脱退。
10代の頃からの夢だったことも小さいながら叶って、もうこれでいいな、って思いました。
いろんな理由で、バンドはもうヤダな、って思ってました。

その後、知人から誘われて、一度は断ったものの、一年後にコピバン生活が始まりました。
それから4年、さまざまな曲をコピーして、ステージにあがってきました。


コピバンを始める前は、
オリジナル曲を作って、演奏して、レコーディングして、ツアーして。
それが私にとっての「バンド」でした。
音楽で生活をすることが、10代の頃の私の夢でした。


そういう目標のない活動は、何か物足りないような、身の置き所がないような、不思議な感覚をもったまま、でも、だからこそ、ストレスが少なく、初めて「音楽を楽しむ」ことができる日々でした。それがなかったら、完全にバンドを辞めていて、今日の私はなかったかもしれません。


むかーし、友人に言われた言葉。

「shoちゃんは、バンドに向いてない。」

人間関係も苦手、自己主張や交渉も上手く出来ない、セルフコントロールもヘタクソ。
確かに、言い得てました。
今思っても、それは超当たりでした。
20代前半で、見抜いた彼女は凄い人だ。

その言葉をくり返し思い出しながら、今日まできています。
むいてないなぁ。と心底思います。

でも、
ステージにあがると、楽しい。
血沸き肉躍る、て感じ。
あの感じは、比類ない。

それに…カッコイイと言われると、単純にウレシイ(笑)


まったくバンドをやらなくなることは、もうないんじゃないか、って気持ちに、今はなっています。どんな形でかはわからないけど、しばしペースを落としてお休みをしながら、弾く機会があればどんどん弾いていって。

せっかく私を知っていただいて、今でも私を覚えていてくださる方に、いつか見ていただけたときに、ガッカリされない私で居たいです。

そのためにはどうすべきか?
私が音楽をキライにならずに、無理なく、よりよく続けていくには?

焦らずに、探して行きたいです。

ベースを、音楽を、もっと楽しんでいきたい。
自分の人生を大事に、今すべきこと、できることをしながら、考えていきたいです。
posted by sho at 12:25| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

がんばろう。

ここのところ、同じようなことが続いていて、反面教師だなぁ。と思う。
同じ方法でやり返したら、同じレベルだ、と思うので、ぐっと堪える。
私はああなるまい、と心に誓う次第です。


先日、中学生の頃からお世話になってる、あるお寺のご住職とお話をさせていただいた。

「正しいことが通る世の中ではない。正しいと思うことを通すための、話し方、行動の仕方も学ぶと、楽になるよ。」

といわれた。

これは、もうご住職に初めてお会いしてから、ずっと言われてる言葉。
この年になっても、根回しは苦手。

住職は私のまっすぐすぎる気性を心配されているのでしょう。

自分は自分を生きるしかないので、生きにくくても、正直に、自分らしく生きねば。と繰り返し思う。

友達が「神様は見てるよ。」と言った。
心にしみた。

本当に、そう思う。
いずれ、みあった結果が出るので、人がどうあれ、私は私が正しいと思うことをしてゆこう。

それしかないんだ。
posted by sho at 12:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

今、思うこと。

地震が起きて3週間がすぎました。

だいぶ、節電にも品薄状態にも慣れてきましたが、疲れが出てくるころな気がします。
私は、一週間前に見たGAUCHEのライブ(ライブハウスにはうかがえなかったので、USTREAMで見ました)で、「ニワカ」という曲を聴いて、元気が出る一歩をいただきました。(励まされた、とも、勇気をもらった、とも違う…言葉ではうまく表現できません。)

たとえばあなたの声を
失うことでようやく
「当たり前のこと」なんて
なかったことに気がつく

呆れるほどに僕らは
なんだか忘れてしまう
「今こそすべて」なんて
言うのは容易い


(「ニワカ」GAUCHE
るんるん視聴はここでできます!

※聞き取ってかいた歌詞なので、間違ってたらごめんなさい。

何度失っても、その度に後悔して反省して…そのくり返しです。
でも、少しでも、ましな人間になって行けたら…と思うのです。


東京にいた私(私たち)は、ラッキーにも生き残れた、と感じています。たまたま東京の震度が小さかっただけ。ひとごとではなく、自分の住んでいる所が家族が友達が、ああなっていたかもしれません。実際、友人のおかあさんが亡くなっていて、私にとっては、この震災は「他人事」ではありません。

この地震の経験を通して、「生き残った」意味のある、意義のある生き方をしたい、と思いました。

小学校のときのある経験から、人と上手につきあいたい、仲良くしたい、嫌われたくない、という気持ちが最優先だった気がします。
自分の意志や意見を、言うことが苦手でした。NOと強く言うことで、同じ力で反論されるのが怖かったのです。だったら…そんな争いを避けるために、折衷案をとろうと意識してきました。「相手の気持ちを理解する」と言えば聴こえはいいですが、理解するあまりに「自分がなくなる」場面が多かった気がします。

もう、違う!と思うものにはNOと言うし、恥ずかしいことはしたくない。

生き残ったなら、もっと真摯に生きねば。

先日、吉田照美さんのラジオで知った、立教新座高校の校長先生の言葉を読んで、背筋が伸びる思いでした。
仕事のある平日の朝でしたが、涙が止まりませんでした。

ぜひ、お時間のあるときに、読んでみてください。
http://niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8549/


人として生まれたら、真摯であるべき。
自分になにができるか。
大きなことでなくて良いから、せめて、周りの人を幸せにしたい。
手が届く範囲でもいいから、いい世の中にしたい。
人に優しく、自分にも優しく。
できる限り、どんな場面でも、よりよい自分でいなければ、と思うのです。

大げさではなく、産まれてこの年まで生きれたことを、無駄にしないように、と思うのです。



これを読んでくださってる方の中には、読みたい話があるかもしれませんが、それはここには書きません。
「個人的なこと」だからです。インターネットに書いて、複数の方々に読んでいただく意味が私にはわかりません。

私は、人と人は、直接の対話、コミュニケーションがすべてだと思っています。それは、メールでも電話でも直接話すでもいいんですが「直接」が大事です。間接的にきくことや他人の評価は関係なくて、「タイマン」であるべきです。
関係性は二人で育てるもので、他人を巻き込むものではありません。

私自身、心ある生き方をしたい、友にもそうあって欲しい、と願っています。

今回の震災で、家族や親しい友人たちの心ある発言行動を嬉しく思いました。
こんなに素敵な家族や友を持っていることを、幸せに思いました。

大切に生きたい。それだけです。
posted by sho at 11:30| 東京 ☀| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

できることを。

スーパーに行くと、普段あまりスーパーでは見かけないような人がたくさんいて、みんな早足で殺気だってます。
買い占めはない、という話も聞きますが…一人一人が余分にストックを買ったら、なくなって当然。実際に日々買い物をしていて肌で感じますが、大量でなくとも買い占め的な動きはあると思う。

必要な分だけ買えば、みんなに物が回るはずなのに。
電気だってそう。無駄に使わなければ、計画停電も少なくて済むと思う。
分け合えばいいのにと思う。


地震がおきて、原発の事故がおきてから、電気を使うことに強い罪悪感があります。私たちの便利すぎる生活を支えるために原発ができたのだと思うからです。

極力電気を使わないようにしています。自宅も会社も、使わない電化製品のコンセントは抜きました。

自宅のテレビは、大きなブラウン管のものだったので、これを止めて、前に使っていた小さなテレビを出して使ってます。その小さいテレビも無駄には見ずに、ラジオをつけるようにしてます。
パソコンでインターネットに繋がないから無線ルータの電源も切りました。
夜は早寝して、用事は朝するようにしてます。

炊飯器は電気をたくさん使うと聞いたので、ごはんを炊く土鍋を使おうと思います。

まったく電気が使えない停電は不便だけど、「電気があるけど使わない」なら、工夫できるから、そう不便でもありません。

なるべくロウソクと、懐中電灯で過ごしてます。ちょっとした用事なら豆電球の明かりだけでも十分だったりします。まったく電気を使わないわけではないので、家の照明の電球を消費電力が少ないものに替えたらいいんだ!と、昨夜気がつきました。

昔のような電気に頼らない生活ができたら、大量の電気は要らなくなって、原発を減らせるし、なくすこともできるかもしれない。 便利が一番…という世の中、生き方考え方の根本を、変えていく機会になったらいいと思います。


自宅の向かいに、新築の一軒家が建ちました。新しい家で嬉しいのでしょうか、使わない玄関の明かりが煌々とついていて、見る度に腹立たしい気持ちになります。

福島があんなことになっていて、世の中が節電を心がけてるのに…


人の痛みを自分の痛みのように思えたら、世の中はもっと良くなると思う。

自分に大きなことは出来ないけど、節電を心がけて、買い占めをせず、落ち着いて、ちゃんと働いて経済を回して行かねば。

日々、何事にも思いやりをもって、自分のできることをして、元気に過ごしていかなければ、と思います。
posted by sho at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。