2010年07月04日

戯言。

たまごが先か、にわとりが先か?

なんて話がありますが、私はどっちもどっちな気がします。

呼び水、なんて言葉もありますし、呼び寄せ合うものなのかなと。

物事は、すべて、収まるべきところに収まるというか…曲でもキーが決まってれば、最後の締めはどの音でするかは、絞られてくるわけで。

何事も流れに逆らわず、自然が一番!と思うわけです。

背伸びも、謙遜もナシで、自然体で、ありのままが一番。
posted by sho at 00:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

「美しき人間の日々」

性善説と性悪説とありますが、私はどっちかっていうと、性悪説かな、って思ってます。

それは「人間は悪いもの!」っていう意味じゃなくて…。
誰しも良くないところや黒い気持ちがあるけど、少しでもよりよく在りたいと思って、努力をすることに意味というか価値がある、って思うのです。大それたことじゃなくて、小さなことでよくて。

だから、たまに悪意に満ち満ちた人や、自分さえよければいいっていう身勝手な人や、人をコテンパンにノしたりする人を見ると、なんだかなぁ…と思います。

根本に愛がある人の暴言は聞き流せるのですが、そういう良くないトーンがちょっとでも混ざると、アンテナがピキピキッとですね…。

私もけして完璧な人間ではないですが…日々、よく在りたいと思って、細々と努力をしてるつもりです(笑)ちょっとずつでいいから、一人一人が自分以外の人間のために何かを考えられたら、世の中は殺伐としないし、やさしい世界になるんじゃないかしら…って、イマジン的?

すれ違うことがあっても優しさを忘れなかったら、軌道修正ができると思うし、お互いをさらに知るきっかけになったり、よし親しくなれたり…やっぱり想像力とやさしさなんだと思うのです。


私はサンボマスターが大好きですが、一番好きな曲は「美しき人間の日々」です。

私の解釈ですが…単純に人間のことを美しいと言ってるわけではない歌詞のような気がします。私が思う、性悪説の話に繋がる歌詞かなぁ、と。

考えても答えの出ないことはたくさんありますが、理屈じゃなく、好きなものは好き、嬉しいときは嬉しい、楽しいときは楽しい、って素直に生きることが、自分らしい幸せや人生に通じる、と信じています。って、なかなかそうそう素直にはできないのですが、忘れたくないです。せめて、自分の手の届く範囲、自分と自分の親しい人との間では、やさしい時間や出来事が多くあるように、していきたい…。

そういうことを、思い出させてくれる曲です。



「美しき人間の日々」

過去をひもとけば
いろんな事柄が
あなたの前にもあったでしょう
だけどもこの先は素晴らしい日々だけ
残ってるようなそんな気がして

それでも本当のことは
それでもわからないの
それでもあなたのことだけは
近くに感じていたいのよ

だから素敵なあなたよ
分かちあってくれないか
美しき人間の日々
あなたよ、素晴らしいあなたよ
他に何を望むの
美しき人間の日々
美しき日々

昔の手紙を思い返しても、
そこには何もありませんよ
僕らが望むのは 
後ろ向きなこの日々を微かに変える
そんな力

それでも本当のことは
それでもわからないの
それでもあなたのことだけは
近くに感じていたいのよ

だから素敵なあなたよ
分かちあってくれないか
美しき人間の日々
あなたよ、素晴らしいあなたよ
他に何を望むの
美しき人間の日々

すべて忘れてあなたと笑う バカな男
あなたの事を あなたの事を
こんなに愛してるの 美しき人間の日々

過去は捨てたぜ 今を生きろよ
今を生きるぜ

posted by sho at 01:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

カレー。

昨日は、えりちゃん(椿 tsubaki姐家)とお茶&ごはんでした。
バンドのことや、お互いの近況や、いろいろ話して…ちょっとだけ衣装を観て歩いて、6時間はあっと言う間でした。

えりちゃんとは高校時代に知りあってから、別々に活動してる時期のほうが長いのですが、姉妹や親戚のような…ケンカも辞さない親しい関係と思っています(笑)

ケンカや言い合いをまったくしない関係なんて…上っ面、だけだと思うし、きちんとつきあいたい相手には、ときには衝突してもちゃんと意志を伝えなければいけない、と思います。


一方的にパタン、とドアを閉めてコミュニケーションを遮断してしまう人は、悲しいです。ドアをノックしたら、とりあえず開けてほしいなぁ。。。
あぁ、私はそれだけの存在なのね…と思うと、悲しいです。とりあえず、インターフォン越しでも良いから、話をしてよ!と思います。

食い違った歯車を噛み合わせることを諦めたら、関係は終わりなので…。


話が逸れました(苦笑)


人生は一度きり。
死ぬ迄ステージにあがれるわけではないし、必ず終わりがきます。
だからこそ、後悔なく、楽しんで、納得していかなくては。

続けていくこと、辞めること、どういう活動をするか…等々。


自分自身の音楽活動を振り返ると、足りないところや悔いはありますが、でもその時々の最善を尽くして懸命にやった、と思えます。だから、100%ではありませんが、納得しているし、一区切りがついたと思っています。

だから、えりちゃんも含め周りにいる素敵な人たちには、ステージにあがれるうちに思う存分悔いのない活動をしてほしいと心から思います。できなくなってから後悔しても本当に遅いので。


ステージにあがれる機会があること…いいメンバーにも恵まれて、好きな人たちと演奏できることは、本当に幸せなことです。忙しさに流されがちな毎日ですが、弾ける場があるうちにできる限りのいい演奏をしていきたいなぁ、と思います。


いいステージにすることはもちろんですが、今の私にとっては「好きな人(好きな音を出す人)と、演奏をする」ことが、一番大事なことみたいです。だから、よい意味で仲良く居たいし、キモチのよい存在で居たいです。


4年前にコピバンを始めたことも、去年の発表会も、演奏者のはしくれとして新しい扉が開いた気がして、嬉しいです。大人になっても、まだまだ新しい扉は待ってるんですね☆

あれがターニング・ポイントだった、と後から思うことがよくあるので、小さなきっかけでも逃さずに大事にすごしていきたい、と思います。



しかし、昨日のカレー屋さんは美味しかったなぁ。
オススメですよ♪

100214_001.jpg

店名失念…。
たしかこの角の地下。(黄色い“カレー”のノボリが見えますか?)

大きな地図で見る

ランチは1,000円弱。営業時間は11〜23時。
夜はバーっぽい雰囲気でお酒も飲めます。
posted by sho at 13:26| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

発表会から一週間。

昨日の朝くらいから、やっと日常に戻ってこれた感じがしました。

いつもライブの後しばらくは興奮覚めやらずなのか、うまく日常に戻れない状態になるんですが、今回は通常のライブの高揚感とはひと味違う感じでした。


自由に弾いていい自分のバンドのライブとは違って「ボーカルのために弾く」初めての経験で、いつもとは違った集中の仕方をしてたみたいです。

Gureさんは手が痛い〜って言ってたし、井出さんは腰が痛い〜って言ってたので、きっとみんないつもと違う筋肉や気を使ってたんだなぁ…。


それと、当日配られたパンフに私の本名が書かれてました。
本名を隠してるわけではないのですが、高校のときにベースを手にして以来、本名で演奏をしたのは初めてだわ!と、実はものすごく感慨深かったです。


自分の問題点もいくつかわかったし、ここ数年モヤモヤしていたものが晴れたりもしました。
新しい経験や新しい出会いは大事ですね。
恐れずに新しい一歩を踏み出すことを忘れずにいたいです!


小さな一歩ですが、演奏者のはしくれとしては大いなる一歩、な経験でした。


今日、来年のほぼ日手帳が届きました。
箱のフタの裏には、今年も言葉が書かれていました。

091212_001.jpg

091212_003.jpg

去年のもいい言葉でしたが、今年のも感慨深いです。

がんばれるのは、日々支えてくれる人や大切な人が居てこそ。
感謝しつつ、精進します!
posted by sho at 22:02| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

お疲れ様の皆様へ〜癒し系画像

忙しい週末…みなさんお疲れのことと思います…。

会社のパソコンに、かわいい画像があったのでアップ。

キュウリ.jpg

もう一息ですよ〜
posted by sho at 16:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

「通じる」ということ。

ここ数ヶ月、ずっと仕事が忙しいですが…
なんとか健康を保って過ごしてオリマス。


そんな私に、猫は変わらず接してくれますデス。。。

090703_011.jpg

うちで生まれた子なので、もう15年くらいになるのかなぁ…

呼ぶと返事してくれて、小走りでよってきたり…
かわいいです。言葉が通じないのに、心が通う感じがします。

長生きしてね〜〜。


「縁」あって出会っても、いつの間にか疎遠になったり、なんだか噛み合なくて離れてしまう人っています。人間は日々変わるので、お互いに成長して合わなくなる、なんてこともあるのかも。

また「合う」時期がきたら、通じることもあるのかもしれませんが…通じないと感じたら、無理せずひと休みするのもよいかもしれません。


すれ違うことがあっても、思いやりと尊敬心をお互いに持てていたら。心からお互いを望んでいたら。何があっても、続いていける気がします。

望まなければ続かない、というのは、何事にも言えそうです。
posted by sho at 23:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

「信頼」

その「場」が楽しいのは、理屈じゃない「好意」と「信頼」関係があるからじゃないか、って最近、思いました。

誰かを信用したり、好意をもったりって、理屈じゃないんですネ。

…信用に足る行動を相手がしてるから、イコール信用できるか?というと、完全にイコールではない気がします。好意に裏打ちされた「信用したい」という能動的な気持ちがないと「信用してる」にはならないみたいです。その「好意」だって、相手がよくしてくれるから、とかじゃないと思うし…。


男女・年齢に関わらず…
会うとウレシイとか、一緒にいると楽しいとか。
その理由を言葉で説明することはできるけど、なんだか上手く言えません。
やっぱり理屈じゃないし、接してる年月の長さでもないし。

理屈じゃないからこそ、そういう相手は、貴重なんだと思います。


最近、ちょっと苦手だなぁ、と思ってる相手から攻撃を受けまして…まぁ、攻撃をされてしまう自分にもスキやよくない部分があるんでしょうが…でも、言われたことが100%正解というわけでもないので、なんで?って、ここしばらくなんだかモヤモヤしていました。ただ人に意見したいだけの人っているから、そういう「愛」が土台にない意見には耳を貸したくありません。

きっと「苦手」と思うのも、もう動物的勘みたいな感じなんでしょうね〜
「キケン信号点灯!」みたいな(笑)


苦手意識を持ちすぎるのも、間口を狭くするので、なるべく良いところを拾うようにしてますが…合わないものは合わないので、そのあたりは、まぁ、臨機応変にできる範囲で…です。


でもでも。

自分の心に嘘をつかずに、ちゃんと心のアンテナをたてて、心地良い「場」を作ってくれる相手は大事にしたい。どうでもいい人のことで思い煩って、自分の気持ちをすり減らすほど、人生は長くないんだ☆
posted by sho at 23:10| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

なんどでも。

この一週間で新月と夏至が重なるのだそうです。
「新月」ってだけでも新しいスタートなのに、夏至も重なると、スペシャルな感じがします♪(ちなみに新月は23日)

新月って、当たり前ですけど…何度も繰り返しやってくるでしょう?
ドリカムの「何度でも」をふと思い出しました。



生きてるうちなら、やり直せるし、チャレンジできる。
何度でも。


…って、ドリカムの動画を探してたら、こんなものを発見。



こういうバージョンもいいなぁ。
いつバンド演奏が入るのかな、って聴いてたら、最後までベースの伴奏だけで終わりました。すごい。

ちょっと悲しい曲ですが、この曲は大好きでした。
posted by sho at 01:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

ちょっとうれしい話。

今日は姐家リハでした。最後の2時間リハ。
来週からは3時間リハでガシガシやります。

今日は、セトリを流しつつ、つなぎや曲順の再確認などなど…

新宿ペンタには、フライヤーをつるしていただきました♪
ありがとう〜♪
090529_001.jpg


もう姐家も早いもので3年目なので、ツーカーだったり、なんだか家族みたい、と今日はふと思いました。1/25は良いライブでしたし、今年の姐家はなんだかひと味違う気がします。


あと、最近、自分のベースがちょっと変わってきた気がします。

仕事が忙しい(って理由はヤダなぁ〜)ので、自宅で弾く時間は激減してるし、弾いてる内容はそんなに進歩してないんですが、心と音(指?)が直結してきてるというか、その曲の持つ心を弾けてるような…いや、そんな大げさなおこがましいレベルじゃないんですケド…。(急に声が小さくなったりしてたらーっ(汗)


オリジナルをやってた頃より、コピバン生活を初めてからのほうが、素敵なプレイヤーたちに囲まれて、影響を受けて、豊かになれてきてるんだと、思いました。音楽を楽しむこと、味わうこと、ひたること…を教えていただいたんだと思いました。


今日、某所で、とても最高の褒め言葉をいただいて、嬉しかったんです。
その言葉に恥ずかしくない自分でいたいです。

全力で!


爆音6は(も、だ!)、いいライブにしたいなぁ。
posted by sho at 00:03| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

「生きてく意味」

「My best of my life」を聴きながら「生きてく意味」を考えてみました。


私は、取扱説明書を作る仕事をしてます。

DTPをやる人は、雑誌や広告などデザイン的なものを作りたい人が多いのですが、私は取説が好きです。困ったときに開いてもらえて、繰り返し役にたつ。読み捨てられる雑誌より、ひかれるものがあります。

バンドをやる前は、学校の先生になりたかったです。北海道に馴染めずつらい思いをしてた私を見捨てずに、根気強く学校に行けるようにしてくれたのは先生でした。そんなふうに、辛い子を私も救えたら、と思いました。

思春期に、うまく言葉にできない思いや気持ちを、音楽に救われました。生きるパワーをたくさんもらいました。私もそんな音楽を演奏する人になりたい、と思いました。

取説と先生とミュージシャン。全然違うものみたいだけど、「人の役にたつ」ものです。


親の転勤で転校が多かったので、離れてしまえば切れてしまう友達たちをみていて「去るもの日々にうとし」という言葉を痛感する子供時代でした。


でも、本当は、人間に替えなんてきかなくて、私じゃなきゃ、あなたじゃなきゃダメなことって、ある。と、私は信じています。


自分は必要な人間だと、役立つ人間だと、「求められてる」確かな実感がほしくて、日々生きてる気がします。

お互いを自分のこと以上に大事にしあえる替えのきかない「唯一無比」な存在になりたくて生きてる気がします。


たぶん、それが、私にとっての「生きてく意味」です。
posted by sho at 23:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。